相談事例

登記簿上に建物登記が残っておりその登記名義人が行方不明である場合どうしたらよいか?(京都市)

2016年07月07日

京都市の方から建物登記についてのご質問

Q, 実際、土地の上に建物が無いのに登記簿上に建物登記が残っておりその登記名義人が行方不明である場合どうしたらよろしいでしょうか?

A, 建物の滅失登記は原則、建物登記簿上の登記名義人からの申請となります。

建物の滅失登記は原則、建物登記簿上の登記名義人からの申請となります。その登記名義人が亡くなっている場合はその相続人からの申請であります。今回の場合、土地の所有者から建物滅失登記を登記官に促すために建物滅失登記の申出ができます。申出が受理されれば建物の謄本を滅失できることとなります。

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内