相談事例

四条の方より登記についてのご相談

2019年05月11日

Q:土地を分筆したいです。どのような登記が必要ですか?(四条)

私は四条に土地を持っていますが、その土地が一筆になっています。その四条の土地は現在活用されておらず更地です。将来、私の息子と娘が相続することになるかと思うのですが、その時に土地の権利で争いにならないよう、今から同じ面積で2つに分割しておきたいと考えています。土地を分筆するにはどのような登記が必要になるのでしょうか。(四条)

 

A:土地分筆登記を行い、将来に備えましょう。

今回のご相談者様のように一筆の土地を分けたいというご希望の場合には、土地分筆登記を行います。相続のために今から対策をしておくのは良い判断かと思われます。この登記を行うことで、一筆の土地を2筆以上に分けることができます。仮に18番という地番の土地を2つに分筆したときには、18番1、18番2という2つの地番となります。今回のご相談者様のようなケース以外にも、土地の一部を分けて、その部分を売却したい場合などに行われます。

土地を分筆するためには、隣接している土地との境界が確定している必要があります。また不動産登記法の改正により対象となる土地を測量した結果、登記簿に記載されている地積と一定以上誤差がある場合、土地地積更正登記の申請も行わなくてはなりません。土地分筆登記を行うためには、いくつかの条件を整えてから行わなければならないため、必ず土地家屋調査士にご相談ください。

 

京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所では、今回のケースのように土地を分けたいというご希望以外にも、新しく建物を建てた場合や、境界杭が見つからない場合など土地の登記に関する様々なご相談事をお受けしております。土地の登記に関しては馴染みのない方が多いかと思いますが、ご不明な点などを専門家より詳しく無料相談でご説明いたします。四条地域にお住いの皆様はぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内