会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

地目の変更

四条の方より土地地目変更登記についてのご相談

2019年02月05日

Q:土地の地目を変更することは可能でしょうか?(四条)

四条エリアからほど近いところで農業を営んでいます。昨年までネギを栽培していましたが、高齢のため畑を縮小することにしました。なにか土地を活用できないか思い、駐車場にしようかと考えていますが、候補の土地の登記簿謄本を確認したところ地目が畑になっていました。このまま駐車場として使うことはできるのでしょうか?(四条)

A:最終的に雑種地への土地地目変更登記を行います。

駐車場として活用するためには最終的に畑の土地地目変更登記を行います。そのためにはまず農地転用の許可を得る必要があります。畑は農地であり、安易に農地以外に使用されないよう農地法によって守られています。そのため農業委員会を経由して都道府県知事等に農地を今後別の活用方法に変更する申請をし、許可を受けなければいけません。

なおその土地が市街化区域にあたる場合は、許可ではなく農業委員会への届出で可能になります。

許可が通ったら駐車場を整備した後に、地目変更登記を行って地目を「畑」から「雑種地」に法務局にて変更します。土地地目変更登記は変更予定の地目に現状が整った時点で行います。地目が畑のままだと後々問題が生じる可能性があるため、速やかに変更を行いましょう。この土地地目変更登記には、農地転用の許可書または届出書が必ず必要になります。申請してから約1~2週間程度で完了です。

 

土地地目変更登記を申請するための登記申請書作成には専門的な知識が必要です。土地地目変更登記は土地家屋調査士が専門分野として不備がなく登記申請ができるよう、お手伝いさせていただいております。四条にお住まいの皆様、ぜひ一度京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記相談所にお問合せ下さい。

 

 

四条の方より地目変更についてのご相談

2018年10月29日

Q:四条の実家の畑へと新築戸建てを建てる際の地目変更手続き(四条)

四条の実家隣にある畑の一部をつぶして、私たち夫婦の家を新しく建てる事になりました。地目変更しなければならないと聞きましたが、どのような手続きになりますか?(四条)

 

A:法務局へと土地地目変更登記をする必要があります。

土地の元々の用途から変更があった場合には、その土地の地目を変更する登記をしなければなりません(土地地目変更登記)。

今回のような畑を宅地にかえて家を建てる場合は、地目の変更がなされた日から一ヶ月以内に法務局へと土地地目変更登記の申請をしましょう。畑を宅地へと変更する場合は、法務局への登記の他に、脳表委員会へと農地転用の許可をする必要がありますので、忘れずに許可を受けましょう。

土地の地目変更は、その前後の土地の状況により必要な手続きや申請先が変わります。私たち土地家屋調査士が、専門家として適切な必要手続きをご案内お手伝いいたします。四条にお住まいの方、四条の土地についてのご相談事がございましたら、当相談所の無料相談をお気軽にご利用下さい。

田畑を宅地に変更したいのですが。(南丹市)

2016年11月09日

南丹市の方よりいただいた、地目に関するご相談事例

Q:田畑を宅地に変更したいのですが、何か手続きは必要ですか?

A:地目変更登記の申請をします。

地目変更登記とは、土地の用途を変更した日から1か月以内に土地の所有者が法務局に行わなければならない申請です。

測量を行う必要は特にありません。しかし土地全体の地目が変更になった場合には、この地目変更登記をすれば問題ありませんが、土地の一部の地目が変わった場合には、土地の一部地目変更と分筆登記を申請します。

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内