相談事例

京都の方より登記についてのご相談

2019年07月16日

Q:土地分筆登記をしたいが境界杭が見当たらない。(京都)

私の家は京都に代々住み続け、この土地で事業を行ってきました。私には二人の息子がいるのですが、現在長男夫婦と一緒に住んでいます。京都の自宅が手狭になってきたため、庭である部分にもう一軒家を建てて長男夫婦が移り住む計画を建てています。土地の面積は問題ないのですが、将来相続の時に兄弟でもめてしまうと厄介なので、今一筆である土地を2筆に分筆し、登記をしておこうと思っています。しかし分筆にあたり隣との境界杭を探してみたのですが、残念ながら見当たりません。まずはどのように対応すればよいでしょうか?(京都)

 

A:土地分筆登記を行う前に境界杭を確認しましょう。

お隣との境界杭が見当たらないと、今後トラブルに発展してしまう可能性もあります。また土地分筆登記を行う上で問題も生じてしまうため、なるべく早く対応したほうが良いでしょう。境界杭は過去に設置されていたとしても、長年住み続けているうちに土の中に埋もれてしまったり、近隣の工事によって壊されてしまったりしているかもしれません。どうしても見当たらず、境界杭または境界標を再度設置するためには境界確定をおこないます。この境界確定は隣接する住民にも深くかかわるため、必ず立会いをしてもらい、お互いで境界杭がどこに設置されたのかを確認します。これらの手続きについては専門家でないと難しいため、土地分筆登記の手続きとともに土地家屋調査士に相談することをおすすめいたします。

京都・滋賀・大阪 測量・調査・登記 相談所では、土地に関するご相談を無料相談にてお受けしております。上記のご相談のように、境界杭が見当たらない場合や、家を増築した、土地の地目を変えたいなど、所有されている土地に関してのご心配事、ご希望をお聞かせください。土地の状況をきちんとしておくと将来相続が起こった時に相続人が困ることが少なくなります。京都近辺にお住いの皆さまは、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内