相談事例

烏丸の方より土地の分筆についてのご相談

2018年12月06日

Q:土地の分筆をしたいのですが境界確認書とは何でしょうか?(烏丸)

土地の分筆をしたいのですが、境界確認書(筆界確認書)について聞かれました。境界確認書とはどのようなものでしょうか。(烏丸)

A:お隣との土地の境界線について合意する旨を記載したものです。

境界確認書(筆界確認書)とは、隣接する土地の境界線について、土地の所有者同士が合意を交わした旨を記載した書面を境界確認書といいます。境界に設置してある境界標(通常境界の折れ点に設置してある目印)は、動いてしまったり倒れてしまったりすることがあり安心できない面があります。また、境界について口頭で確認するだけで済ませてしまうと、後々境界線についてトラブルになる場合があります。こういった事態を未然に防ぐ為に、境界確認書があれば隣接する土地の所有者同士が境界線について合意をしている証明になりますので、作成しておきましょう。また、土地を分筆する際には法務局に提出する必要がありますので、境界確認書(筆界確認書)が無い場合には、土地家屋調査士に依頼し、隣接する土地の所有者立ち合いのもと、境界確認書を作成します。土地の所有者に署名・押印をしてもらうことによって、境界線について合意した旨が記載された重要な書類になりますので、大切に保管をしておきましょう。境界線確認書は土地の分筆の手続きにも必要ですが、隣接する土地の所有者と互いに土地の境界線について明白にしておくことによって、トラブル回避になります。烏丸の土地の分筆に伴う境界線の測量についてのご相談でしたら、当相談所の土地家屋調査士にお任せください。当相談所の土地家屋調査士が丁寧に対応させていただきます。

境界杭が見つかりません。新しく境界杭を設置するにはどうすればいいですか?

2018年11月01日

京都市の方よりいただいた、境界杭に関するご相談事例

Q:隣家との境にフェンスを設置しようと思い、境界杭を探したのですが見当たりません。以前はあったので何かの拍子に抜けてしまったのか、地面に埋もれてしまったのかもしれません。新しく境界杭を打ちなおしてもらうにはどうすればいいですか?

A:境界確定測量を行い、境界標を設置しましょう

土地の境界は財産の増減にも関わりますし、曖昧にしておくと隣家とのトラブルを招きかねません。工事などで紛失することや土砂で埋まって紛失することもあります。見つからない場合は、放置せずに境界確定測量を行い、再度境界標の設置をしましょう。境界について皆が納得したら、コンクリート杭等の永久境界標を設置すると共に、境界確定図面を作成し利害関係人に署名押印してもらいます。測量がきちんとできる事務所に依頼することをおすすめします。

当事務所、土地家屋調査士法人F&Partnersでは、測量・調査・登記について様々なご相談に対応させていただいています。報酬に関しても、ご相談いただく際に明確にお伝えすることができますので、まずはお電話にてお問合せください。

四条の方より地目変更についてのご相談

2018年10月29日

Q:四条の実家の畑へと新築戸建てを建てる際の地目変更手続き(四条)

四条の実家隣にある畑の一部をつぶして、私たち夫婦の家を新しく建てる事になりました。地目変更しなければならないと聞きましたが、どのような手続きになりますか?(四条)

 

A:法務局へと土地地目変更登記をする必要があります。

土地の元々の用途から変更があった場合には、その土地の地目を変更する登記をしなければなりません(土地地目変更登記)。

今回のような畑を宅地にかえて家を建てる場合は、地目の変更がなされた日から一ヶ月以内に法務局へと土地地目変更登記の申請をしましょう。畑を宅地へと変更する場合は、法務局への登記の他に、脳表委員会へと農地転用の許可をする必要がありますので、忘れずに許可を受けましょう。

土地の地目変更は、その前後の土地の状況により必要な手続きや申請先が変わります。私たち土地家屋調査士が、専門家として適切な必要手続きをご案内お手伝いいたします。四条にお住まいの方、四条の土地についてのご相談事がございましたら、当相談所の無料相談をお気軽にご利用下さい。

リフォームしたら登記が必要なのですか?(京都市)

2017年01月16日

リフォームしたら登記が必要なのですか?

Q:家をリフォームすることにしました。主にキッチンなどの水回りのリフォームと、庭に車庫を建てる予定ですが、そんなに大袈裟な工事にはならないと思います。リフォームでも登記が必要なのですか?

A:リフォーム内容によって異なります。

床面積や構造が変わらない場合は登記は不要です。増築、減築などで床面積や構造が変わったり、建物の一部を店舗にするなどの用途が変更になる場合は登記が必要です。水回りのリフォームのみであれば登記の対象外ですが、車庫は附属建物の新築という扱いのため、登記が必要になります。

京都市の方より寄せられた、増築に関するご相談事例

2016年12月07日

僅かな増築でも登記する必要はあるのでしょうか?

Q:自宅を僅かですが増築しました。僅かでも登記はするのでしょうか。どれくらいの増築で登記が必要になるのでしょうか。

A:構造や床面積が変更になる場合には僅かであっても登記が必要です。

増築をし、僅かでも床面積および構造が変わる場合には増築の登記が必要です。ばれないだろうと申請をせずそのままにし、何等かのタイミングで登記をしていない事が明らかになった場合には、10万円以下の過料に課せられる場合があります。また、増築した部分について登記をしていなと売却や相続の際に問題が起こります。

2 / 41234

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内