相談事例

京都の方より登記についてのご相談

2019年04月08日

Q:複数ある土地を一つにする登記はできますか?(京都)

私の父から相続した京都にある土地を今後売却したいと考えています。しかし父が近隣の土地を買い、広げた経緯もあり、公図を確認すると土地が細かく分かれていることがわかりました。京都の中でも比較的良い立地ため、なるべく綺麗に整えて売りに出したいです。土地を分割する分筆登記というのは聞いたことがあるのですが、反対にまとめることも出来るのでしょうか?(京都)

 

A:土地をまとめるときは土地合筆登記を行います。

ご相談者様のご質問にお答えすると、土地をまとめることは可能です。

2筆以上の土地を1筆にまとめる登記のことを土地合筆登記といいます。土地合筆登記は今回のご相談のように売却のためや、相続時にうまく分割するために行われます。ただし土地合筆登記を行うには以下の要件がありますので注意してください。

 

土地合筆登記を行うための要件

〇字名が同じ土地である

〇土地の所有者が同じである

〇土地の所有者の持ち分も同じである

〇登記上も、現地も地目が同じである

〇土地が隣接している

〇所有権登記がされている土地同士か、されていない土地同士である

〇抵当権などの所有権以外の権利登記がされていない

(ただし一部登記できる例外もあり)

 

不動産登記法第41条には合筆できない制限が定められています。ご相談者様が相続された土地が条件に合うかどうか確認いたしますので、まずはご相談ください。

なお合筆した土地は、原則合筆前の一番若い地番となります。例えば4番、5番、6番という3筆の土地を土地合筆登記すると、4番という地番になります。

 

京都・滋賀・大阪 測量調査登記相談所では京都近郊にお住いの方々の土地に関するお悩み相談をお受けしています。お隣との境界杭が見当たらなくなってしまった、家の一部分をリフォームしたけれども登記はどうすればよいのかなど、抱えているお悩み事を無料相談にて専門家にお聞かせください。京都の方々のお力になれるよう努めてまいります。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内