土地の分筆登記とは

土地の分筆登記とは1筆の土地を2筆以上に分ける登記のことです。

この分筆登記をすると、分けられた土地には新たな地番がつき、一つの土地として登記されます。

以下のような場合は土地の分筆登記が必要になってきます。

  • 相続が発生し、土地を相続人間で分ける場合
  • 土地の一部のみを売買する場合
  • 土地の一部の地目が異なる場合
  • 共有であるの土地を分筆し、単有に変える場合
  • ローンを組んで新築する際に、利用しない部分の土地を分ける場合

 

また、この分筆登記は分割するにあたって土地の境界を確定しなければなりません。
この場合は専門的な工程である境界確定測量が必要となってきますので、
当グループの土地家屋調査士にお気軽にご相談ください。 

 

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内

アクセス

  • 岩間土地家屋調査士事務所
    草津駅徒歩 5分
  • 大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪相続税申告相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会