境界標とは

境界標は境界の点や線の位置を表すための標識です。
境界標の頭部には、境界点の位置を特定するしるしが付いています。

境界標があれば、境界の存在が分かりやすいので、土地の管理がしやすくなり、境界紛争は起こり難くなります。

境界標の種類

コンクリート杭

境界標としては最も多く使用されています。
コンクリートでできており、大きさは場所によって使い分けているので様々です。
 

石杭

花崗岩でできている為、境界標としては美しくて堅いので最も優れた永続性ある材質です。
 

金属製杭

金属でできた角柱の境界杭です。打ち付けた後には、地表部分をコンクリートで根巻きし回転することを防ぎます。主にステンレス製のものがよく見られます。
 

プラスチック杭

加工が簡単ですが、軽くて安定性に欠ける部分があります。最近では、コンクリートや御影石をついだものや、ステンレスで頭部を巻く等の工夫がされています。
 

木  杭

サイズは様々ですが1~2年程度で腐食しますので耐久性に欠けます。仮杭又は一時的な杭として使用されます。
 

金 属 標

金属製の境界標でう、鋳鉄杭を始め、真鍮、ステンレス又はアルミ等でできたプレート状の境界標。

 

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内

アクセス

  • 岩間土地家屋調査士事務所
    草津駅徒歩 5分
  • 大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪相続税申告相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会