境界紛争の原因

土地の境界紛争が起こる原因としてどのような事があげられるのでしょうか。

  1. 公図が不正確
    不動産の登記簿には、所在・地番・地目・地積の登記はされていますが、土地の明確な位置や境界がきちんと登記されていません。
    また公図と実際の土地が一致していないことが多々あるのが現状なのです。
    このような事から土地の境界線が明確でない為、紛争につながる原因となるのです。
     
  2. 境界標の劣化や位置の変動
    境界線の目安としては建物の塀や垣根などです。しかしこれも増築や建て直しなどをしてしまうとその境界はまた曖昧なものになりかねません。
    境界線を明確にするな方法としては境界標の設置があります。しかしこれも境界標が動いてしまっていたり、劣化によりなくなってしまったりする可能性もあります。ですからこの境界標は永続性のある、頑丈なものを設置することが好ましいです。

他にも様々な事が原因で紛争が起こりえますが、このような紛争を未然に防ぐためには、頑丈な境界標設置や、その後の管理も重要なポイントになります。
トラブルが起こってしまったば場合にはの解決策として、専門家である土地家屋調査士に境界線の測量を依頼し、境界線を明確にすることが可能になりますので、お困りの際は是非当グループの土地家屋調査士にご相談下さい。

 

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内

アクセス

  • 岩間土地家屋調査士事務所
    草津駅徒歩 5分
  • 大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪相続税申告相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会