新築建物を登記したい

ここでは建物表題登記についてご説明いたします。
建物表題登記とは、建物を新築したときや未登記の建物を購入した時に、建物の情報(位置、構造、種類、床面積など)の記録と、所有者の住所、氏名などの項目を登記簿に登録すること、又その登記簿の事です。

建物を所有したら、所有者は原則1ヶ月以内に建物表題登記をしなければなりません。
登記が完了すると、登記簿謄本に建物の情報が記録されます。
また、土地の地目が宅地以外の場合は土地地目変更登記をしなければなりません。 

建物表題登記に関しても土地家屋調査士が専門家ですので、こういった登記に関するお困りごともお気軽にお問い合わせください。

 

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内

アクセス

  • 岩間土地家屋調査士事務所
    草津駅徒歩 5分
  • 大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪相続税申告相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会