建物表題登記とは

建物を新築したときに行う登記であり、不動産登記のひとつです。

登記されていない建物に最初に登記簿の表題部を新設し、建物の所在・種類・構造・床面積および所有者の住所・氏名を明らかにする登記です。

この表題登記は、登記をしていく上で一番最初にすべき登記になるのでこの登記が完了していない限り、その後の登記の手続きをすることはできません。

この建物表題登記は建物が完成してから1カ月以内に申請する義務がありますので速やかに手続きを行う必要があります。 

 

以下のような場合は建物表題登記が必要になります。

  • 建物を新築した場合(居宅・店舗・アパートなど)
  • 未登記のままになっている建物がある場合
  • 未登記のまま増改築をしたが、今回が初めての登記の場合

 

いずれも登記の申請でお困りの際にはエフ&パートナーズグループの土地家屋調査士へお気軽にご相談ください。専門家が丁寧に対応させていただきます。 

 

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内

アクセス

  • 岩間土地家屋調査士事務所
    草津駅徒歩 5分
  • 大阪事務所
    谷町4丁目駅よりすぐ
  • 京都・滋賀・大阪相続遺言相談所
  • 京都・滋賀・大阪相続税申告相談所
  • 一般社団法人近畿シルバーライフ協会