相談事例

四条の方から登記についてのご相談

2019年12月11日

Q:自分の土地と隣地を一つの登記にまとめることは可能ですか?(四条)

四条にある自宅と隣地の登記についてお伺いしたいです。長年、自宅に隣接する住宅の庭の一部を駐車場として賃借していましたが、先月、所有者の方が亡くなりその土地はご家族の方が相続されました。ご家族の方に今後も駐車場として使用したい旨をお伝えした所、その隣接する土地を売買にて譲り受けることとなりました。所有権移転登記は済んだのですが、隣接し合う土地の登記情報が2つあると紛らわしいのと管理する上で支障があるため、その土地と自宅の土地を一つにまとめられたらと思っています。このようなことは可能でしょうか?(四条)

 

A:土地合筆登記を行う事で、一つの土地にできる可能性があります。

結論から申しますと、四条のご相談者様の場合、土地を一つにまとめられる可能性は高いです。複数の土地を1つにまとめることを合筆と言います。土地合筆登記と言って2筆以上の土地を1筆に合筆する登記を行う事で売買や相続時など利便性をはかることができます。

土地の合筆登記がなされると、合筆した土地の地番は、原則合筆前の一番若い地番が充てられます。例えば1番、2番、3番という3筆の土地を土地合筆登記すると、該当の土地の地番は1番となります。また、他の地番の土地の登記記録は閉鎖され、その地番は特別の事情がない限り再使用しない事になっています。

土地合筆登記は、不動産登記法第41条に合筆できない制限がいくつか定められています。四条のご相談者様の土地が下記の要件に合うかどうか確認が必要です。

 

土地合筆登記を行うための要件(不動産登記法第41条を抜粋)

一  相互に接続していない土地の合筆の登記

二  地目又は地番区域が相互に異なる土地の合筆の登記

三  表題部所有者又は所有権の登記名義人が相互に異なる土地の合筆の登記

四  表題部所有者又は所有権の登記名義人が相互に持分を異にする土地の合筆の登記

五  所有権の登記がない土地と所有権の登記がある土地との合筆の登記

六  所有権の登記以外の権利に関する登記がある土地(権利に関する登記であって、合筆後の土地の登記記録に登記することができるものとして法務省令で定めるものがある土地を除く。)の合筆の登記

 

京都・大阪・滋賀測量調査登記相談所では四条近郊にお住いの方々の土地に関するお悩み相談をお受けしています。土地の合筆や分筆について詳しく聞きたい、お隣との境界杭が見つからない、家をリフォームしたけど登記はどうしたらよいのかなど抱えているお悩み事を無料相談にて専門家にお聞かせください。四条の方々のお力になれるよう努めてまいりますので、お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にご連絡ください

077-563-3787
  • 無料相談のご案内
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内